Loading...

めっちゃだめなのに、山でも使えるいいパンツ

山、川、海、雪、なんでもこよなく愛する一児の母、アウトドアやウィンターアクティビティ専門誌で活躍するアウトドアライター、福瀧智子氏からこの夏おすすめのアイテムをレポートしてもらいました



Responsive image


 何本か「だめパンツ」を所有してます。

 “人をだめにするパンツ”のことを、そう呼んでいます。

 具体的には、思う存分食べたり飲んだりしてもまるで影響しないほどウエストは解放感にあふれ、シルエットはゆったりしていて着用時のストレスが皆無だったり、生地がしなやかでよく伸びるタイプ。キャンプのコットでゴロゴロしたり、日曜の浜でダラダラ飲んだり、子どもが寝静まったあとお笑い番組を見ながらソファで弛緩するときに登場する、最高にだめなアウトドアパンツのことを指します。

 仕事柄、登山用などのパンツを集めて雑誌のページで紹介することもありますが、その企画に関係ないものまでドサクサでメーカーからド一緒に取り寄せてチェックにも余念がありません。長年愛用してきた某クライミングウェアブランドのWガーゼの鬼だめパンツはすっかり生地が擦れて薄くなり、何箇所か繕ってしぶとく使ってきたものの、そろそろ潮時が近づいています。悲しい。

 さて今回ご紹介するWomen's Jenny Pantsは、ハッキリ言います。だめパンツです。

 しかも、“ゆったりシルエット”が鉄則だと思い込んでいた私にとって、裾にむけて細くなったテーパードパンツなのにちゃんと「だめ」という新種との出合いが、ちょっとした衝撃でした。

 ではこのパンツのどの点がどうだめなのでしょうか。

Responsive image


 まずウエストですね。非常にだめです。

 スナップボタンやフックで留めるタイプでなく、腰回りにエラスティックバンドを通した、いわゆる「ゴム」タイプ。ゴム特有のリラックスしたフィット感を解説するまでもありませんが、ウェストを柔らかく包みこんでくれ、さらに細かなフィット感はストレッチするヒモで微調整。

 あ~ゆるくて、だめだわ!

 で、このJenny Pantは女性限定の製品で、男性モデルはありません。腰回り・お尻周りが女性の丸い骨盤に合わせた立体構造になっていて、これはTBの女性製品に対する思い入れが感じられる部分でもあります。フィット感がややルーズであるにも関わらず、ズレ落ちていかない不思議な履き心地。深くイスに腰かけてもウエストまでしっかり覆う、深い股上の安心感も快適です。

Responsive image
お尻まわりだけでなくサイドにもややゆとりを持たせたデザイン。腰回りは極端に言うとモンペのようなゆるさを感じさせる。

 そして、腰部から足首部分まではこれまでのゆとりから脱却して、裾にむけて幅を緩やかにしぼったテーパード形状。ウェストから腰部にかけてのユルさと、大腿部~足首回りのフィット感にちょっとしたギャップがあるんですが、違和感がないのはひとえに素材のおかげと言えるのではないでしょうか。

Responsive image


 というのも、採用した素材は以前「WS Climbing Surf Short」でも触れた耐摩耗性に優れたナイロン素材「Coudura(コーデュラ)」。細身ながら生地がストレッチするので、夕暮れの堤防で寝転がったり、温泉上がりの休憩室でせっせとストレッチしても、足回りに違和感を覚えるようなきつい感じがありません。しかも通常のナイロンよりも高強度なぶん、生地を薄く作ることもできるので、アウトドアパンツを履いているという仰々しさがなく、この軽さもポイントとなります。

Responsive image


 だめパンツを愛用する身としては、破れたらどうしよう…とか汚れたらイヤだな…とか「気を使う」ウェアなんてもってのほか。そういう意味でも、摩擦に強く、洗ってもすぐに乾き、よく伸び、薄く軽くて、履き心地は緩いんだけど足回りはこざっぱりしてるという、過去になかった“だめ”っぷりが個人的なツボなのであります。

Responsive image
屈伸体勢もまるでつっぱる感じがない。

 「へ~~なんか部屋着としてもよさそうだね」
 
 と思った女性、ちょいまち。いくらなんでも部屋着に1万オーバーはさすがにだめでしょう。

 そこで付け加えたいのがじつはこのだめパンツ、TBの製品ページやショップの通販ページでは「山用パンツ」として紹介されているということ。じつはアクティビティ向け。じつはトレッキングやクライミング向けなんです。ダラダラするために作られたわけじゃないの!

 多くのアスリートを抱えるTBがフィールドからの声を集めた結果、フィット感や動きやすさを追求しこのような形になったわけなんですね。ウェストやお尻周りは女性の体型に合わせてゆったりと、でも足さばきはスマートに。ポケットもシンプルな分、バックパックのウェストハーネスに干渉することもありません。

 私からすると「だめパンツで山にも登れる」という逆の思考回路なんですが、どっちから見たって使えるパンツであることに違いはないでしょう。山でも家でもキャンプでも使えるんだったら(しかも丈夫だし10年はいける)決して高い買い物ではありません。

Responsive image
(左上)リラックス感はなはだしいウェスト。右上)右腿にはスマホや小銭入れが入るポケット付き。左下)裾にはドローコード。

 だめだめ言って、なによくわかんない!だめなの!? いいの!? どっち!

 と、よくわからなくなった人は、すべての「だめ」を「いい」に置き換えて再読いただけると、その魅力がまた伝わると思います。

(アウトドアライター福瀧智子)

WS Jenny Pant (Women)

¥ 14,000