Loading...

Material TECHNOLOGY

Teton Bros.は使用する用途に合わせて最適な環境を提供できるよう様々な素材を使用しています。
高温多湿で雨の多い日本の春夏の気候に最適な機能を持った素材を、試行錯誤とフィールドテストを重ね2年の歳月をかけて開発しました。Teton Bros.がシェルに使用する素材のファーストプライオリティである、ウェア内をドライに保つための通気性に加え、耐水圧を大幅にアップデートしています。基布にはメカニカルストレッチ100%ナイロンを使用。動きやすさと静寂性に加えてこれまでのTsurugi Lite(M サイズ)より65gの軽量化を実現しています。Teton Bros. のガイド、アスリートからも長期の使用テストを通して高い信頼性と評価を得ています。
超軽量85g(M サイズ)で抗ピリング性能に優れたTeton Bros.のための特別なAXIO。尾州のウールに対する造詣の深さと熱意から生まれた最高のハイブリッドウールです。
本来、ウール繊維は撥水性を有しますが、Teton Bros.で使用する特別なAXIOは特殊な加工によって吸湿性のみでなく優れた拡散性と速乾性を有しています。ポリエステルのフィラメントの一部には異形断面糸を使用しているため、急激な体温の上昇時にはクーリング効果を発揮します。ウールの特性と化繊の特性が最高のバランスでハイブリッドされた素材です。AXIOの特殊な構造であるポリエステル繊維が表面に露出せず、径の内側をスパイラル状に走っている為、糸の表面に凹凸がなく非常にスムーズなので、滑らかな着心地と非常に高い抗ピリング性能を実現しました。
防水と呼べる程の撥水性と、超速乾性を有する世界最高水準の撥水加工のDry Actionを施したソフトシェル素材。高いストレッチ性と耐久性が特徴。
耐久性に優れたナイロンと10%以下のPUで構成された素材は、長期間の使用でも関節部分が伸びてしまうことが無く、優れたストレッチ性と丈夫さを両立した素材です。
この素材にDry Action加工を施すことにより、通気性を損なうことなく、水を運べるほどの撥水性を実現しています。Teton Bros.のソフトシェルカテゴリーにおいては、素材の重量や厚さの違う数種類のDry Action Soft Shellを製品の目的によって使い分けています。
汗冷え対策に高い効果を発揮するポリプロピレン(PP) 製疎水性アンダーは、汗処理のために別途ウールか化繊ベースレイヤーを重ね着する必要がありました。それを解決したのがMOBシリーズのベースレイヤーです。18.5 マイクロンのメリノウール 89%、PP 11% を同時に編み上げました。
肌に接するフレーム状のPP が水分を素早く肌から遠ざけてウール部分に拡散し、柔らかく編まれたメリノウールニットがデッドエアを溜め込み、優れた保温性を生み出します。また、高い通気性が高い換気機能を持ち、シェルを脱いだ瞬間に余分な熱気や水分は放出され、肌面は常にドライに保たれます。
同じポリエステル繊維に比べて半分程度の重量の中空で8本の突起を持つ特殊な糸を使用した、通気性に優れた動的保温目的の中綿です。吸湿速乾性に優れ遮熱効果の高い糸を、特殊な形状で立体的なグリッド形状を構成し、シェルジャケット内では効率的にデッドエアーを保持して保温性を保ち、オーバーヒートを防止する高い通気性も兼ね備えている素材です。特に寒冷地で運動強度の高いアクティビティにおいて理想的な保温と通気を実現します。
Teton Bros.がWindRiverコレクションに使用しているPertex Quantum Airは、多くのQuantum Airの中から防風性、通気性、撥水性に優れたものを採用しています。他のQuantum Airと比較しても上記の素材特徴に加えて優れたストレッチ性と表面の形状により、発汗時に見られがちな肌への密着による不快感を大きく軽減しています。
TB JKT&PNTに使用しているNeoShell。ミルペック製品にも頻繁に使用されるSupplex Nylonを使用した、耐久性に優れた表地を使用したNeoShellです。NeoShellの最大の特徴である完全防水と通気性を両立しながら、引き裂きや耐摩耗強度に優れています。100Dのナイロンを使用しながらしなやかな着用感も人気の秘密の一つです。
30Dのナイロンを使用したメカニカルストレッチのNeoShellは、アイスクライミングなどの大きな可動域を運動強度の変化を求められるアクティビティにマッチする素材として、Teton Bros.が開発した素材です。ナイロンの耐久性とメカニカルストレッチによる驚くほどのストレッチ性は、TB JKT&PNTと並んでTeton Bros.のアイコンとなるまでの性能と人気を獲得しています。
Power Stretch にPolartec 独自のシリコンコーティングであるハードフェイス加工を施した生地。ミディアムクラスの厚みのパワーストレッチは、絶妙な保温性とハードフェイス加工によって防風性と若干の撥水性を有します。シリコン加工による表面の摩擦係数の軽減により、通常のフリースに比べトリコットやニットバッカーのシェルと併用しても引っ掛かりがありません。
保温性とソフトなテクスチャーで人気のハイロフトにウールを使用することで、より発汗時の汗冷えや防臭などのウールの特性を活かした別次元のハイロフト。
ポリジンの抗菌防臭加工は汗のニオイや部屋干し臭の発生源となる菌にアプローチをする加工技術です。塩化銀を用いた剤で製品に加工を施し、銀イオン(Ag+)の力で菌の繁殖を抑えます。
1㎡あたりわずか90g という軽量素材であり、優れた通気性とグリッド構造によるべたつき感のない快適性が特徴です。この素材に世界最高水準の撥水加工Dry Action を施したのがPPPシリーズに採用されている素材です。防水と呼べる程の撥水性と超速乾性を有し、優れた通気性との相乗効果でオーバーヒートを防ぎます。また極薄なグリッド形状により体表面を常にドライに保つベースレイヤーとしてもDry Action 機能を発揮します。
極小で滑らかな綿毛状の合成繊維は、天然ダウンに匹敵する軽さ、暖かさ、柔らかさ、圧縮性を実現。デッドエアを多く含む断熱層を形成することにより550フィルパワーダウンに相当する保温性と卓越したパッカビリティを実現しました。Primaloft Plumeは、自然の知恵と科学の融合により雨や雪の中でも長時間にわたり保温性と快適性を維持します。
高いストレッチ性と撥水性を持つ、動的保温を目的とした製品に採用している素材です。
ポリエステル素材ながらコットンのような風合いを持つ素材。吸湿速乾性に加えて高い紫外線反射率と遮熱性を有しています。Polygiene加工によりアンチバクテリアと防臭効果の性能、持続性も向上しました。
Vivo Extream Eco Insulationは、高い保温性と相反する通気性の両方を兼ね備えた動的保温に優れた中綿です。シート状の中綿に物理的な多くの穴を配置することにより、通常の中綿素材より30%以上の通気性を確保します。リサイクル素材を55%使用。4ウェイストレッチによりウェアと体の間に無駄な空間を作ることなく、運動時に快適な保温性と通気性を発揮します。
1000fill Powerの撥水ダウンと遠赤外線効果を有するThermo MaxをミックスしたHybrid Downは、ダウンの保温性に加え長期間のテント泊などでダウンが湿ってしまい保温性の悩まされることの多い問題を解決した上に、Thermo Maxの特徴である疎水性による保温性能の維持と遠赤外線効果による保温性を加えた保温素材です。
ご自身でお洗濯をされる際には、中性洗剤を使用してください。界面活性剤は、生地表面の撥水機能を著しく低下させます。
また、すすぎを十分に行い洗剤の残留のないようにしてください。洗剤の粒子を介して水が侵入してくる場合があります。 これは、表面の生地に微細なゴミの粒子などが詰まっている場合も同様で、生地の隙間に残留する粒子が撥水性の低下や水の侵入の原因となる場合が多く見受けられます。洗剤の粒子が残らないように十分なすすぎを行ってください。すすぎの後は陰干し、半乾きの状態でアイロンを掛けますが、低温で実施し、生地が解けないよう注意してください。 上記の工程によって、素材表面に異物がなくなり、生地表面の倒れていた繊維が購入時に近い状態になり、蓮の葉と同様に指摘を弾く構造に戻ります。防水スプレーも使用していると落ちてしまうので、耐久性が比較的高いNikwaxを使用されても良いかと思います。
30度以下の水の中に中性洗剤を入れ手洗いをします。30度以上の高温は厳禁です。温度の高さは生地の縮みや傷みの原因となるからです。汚れが落ちやすいように全体を軽く押しながら洗っていきます。できるだけ商品を揉まないようにしてください。素早く洗った後、水を変えてすすぎを行います。洗いとすすぎは時間をかけないようにします。目安は、全体で3~5分くらいです。水に長くつけてしまうと繊維が固くなりフェルト化してしまいます。洗い後、大きなタオルでそっと押して水気を取り除きます。風通しの良い涼しい場所で平干しをして乾かします。絶対に乾燥機は使用しないで下さい。特にポリプロピレンは、高温に非常に弱いのですが、熱伝導率が低いので体温を保持する機能には優れています(Axio)。メリノウールが縮む原因は、表面にあるスケール(うろこ状)が水に濡れると開きます。開いた状態で揉まれるなど、力が加わると繊維同士が絡まってしまいます。絡まった状態のまま乾いてスケールが閉じてしまうと、生地全体が固く縮んでしまうのです。この縮みを「フェルト化収縮」と呼び、水温が高いほど起きやすくなります。
洗濯は通常の衣料用洗剤を使用しても問題ありませんが、柔軟剤の使用は撥水機能低下の原因となりますので避けてください。間違って使用した場合は、水又はぬるま湯で10分程度すすぎ洗いをしてください。尚、漂白剤は撥水機能が劣化するので使用は避けて下さい。
洗濯により多少毛羽が抜ける可能性があります。
定期的に洗濯を行ってください。これにより、生地に蓄積してジャケットのパフォーマンスに影響を与える可能性のある汚れや油を取り除きます。
ご自身でお洗濯をされる際には、中性洗剤を使用してください。界面活性剤は、生地表面の撥水機能を著しく低下させます。 時間の経過とともに、このDWR仕上げの効果は低下しますが、当て布をしてアイロンをしていただくとDWRを「再アクティブ化」できます。
洗濯は通常の衣料用洗剤を使用しても問題ありませんが、柔軟剤の使用は撥水機能低下の原因となりますので避けてください。間違って使用した場合は、水又はぬるま湯で10分程度すすぎ洗いをしてください。尚、漂白剤は撥水機能が劣化するので使用は避けて下さい。
洗濯は通常の衣料用洗剤を使用しても問題ありませんが、柔軟剤の使用は避けて下さい。
柔軟剤の使用は避けて下さい。摩擦により毛羽立が発生する場合があります。
柔軟剤の使用は避けて下さい。毛羽が抜ける場合があります。単独で洗濯してください。
洗濯は通常の衣料用洗剤を使用しても問題ありませんが、柔軟剤の使用は撥水機能低下の原因となりますので避けてください。間違って使用した場合は、水又はぬるま湯で10分程度すすぎ洗いをしてください。尚、漂白剤は撥水機能が劣化するので使用は避けて下さい。
洗濯はできますが手洗いのうえ短時間で処理し、柔軟剤は使用しないでください。乾燥はダウンの形を整えて、平干ししてください。ドライクリーニングはしないでください。ドライクリーニングの溶剤がフィルを覆うため、ロフト性、保温性、撥水性が損なわれます。
ご自身でお洗濯をされる際には、中性洗剤を使用してください。界面活性剤は、生地表面の撥水機能を著しく低下させます。また、すすぎを十分に行い洗剤の残留のないようにしてください。
プリント部分へのアイロンは避けて下さい。
洗濯とすすぎは冷水 (30°C)で弱水流のうえ短時間で処理してください。柔軟剤は使用しないでください。乾燥は形を整えて、吊り干ししてください。ドライクリーニングはしないでください。ドライクリーニングの溶剤がフィルを覆うため、ロフト性、 保温性、撥水性が損なわれます。